狆を購入するときの選び方や注意点についてお話ししています。

TOP > 関連ページ > 購入時の選び方や注意点

狆のしつけ方専門ナビ

購入時の選び方や注意点

購入するときの選び方について

狆は日本で愛玩犬として飼われたルーツが長く、またブリーダーがまだいなかった頃から、乱繁殖がきつかったとも言われています。

また狆はコンパクトで体臭も少ないことから、大名も町民もたくさんの方が飼育していましたが、その後、洋犬の人気に押されて徐々に少なくなっていきました。

もちろん今ではブリーダーさんもいて、健康で元気な狆を飼うことができ、たくさんの方が子犬を探しています。また探し方や選び方にもやはりコツがあり、病気になりがちなタイプを選んだりしないようにしたり、後々の費用のことも考えて選ぶことが大事です。

狆はペットショップでもたくさん扱われています。また性格も温厚で運動量も少ないタイプですので、サイズや見た目だけで選んでしまう方も多いようですが、毛艶や歯並び、耳の汚れや目の艶、食欲があるかどうかなど、細かい点にできるだけ注意を配って選ぶのが大事です。

健康でない場合は先天的に関節の病気などがあるケースも少なくありません。できればペットショップを選ぶ際も詳しい人がいるかどうか調べたり、店員さんがどういう人なのか、店の経営はどんなことから始まったのかなども注意したほうがよいです。

店内が清潔でない場合もやはり病気になる可能性は大ですし、ダニやノミがいる、フィラリア予防がケアされていないケースも無いことはありません。

スキンシップもできるだけ取ってみること、狆を抱っこしてみたらキャンキャンと吠えて嫌がってみたり、無視しているような態度を取る狆は飼うのも大変なタイプです。

また狆をブリーダーで探す場合、子犬を選ぶために血統書だけで判断する方も多いようですが、血統書とはいえあくまでも判断の1つの基準に過ぎません。

やはりブリーダーさん自体がしっかりした環境で育てているのか、衛生面も万全かどうか、実際に見てみて決めることが大事です。

より良い狆を選ぶためには優良ブリーダーさんがまず一番ですが、判断基準が徹底的に間違っていると、ペットショップよりも後が大変ですので、狆を購入する際はやはり慎重に選ぶことが大事です。