狆の正しい留守番方法をお伝えしています。

留守番方法

狆は愛犬の中の愛犬、などと言われることが多いですが、留守番はしっかりと出来るタイプなのでしょうか。

愛玩犬としてが一番似合う狆に、始終留守番をさせてしまったら、なんとなくアンバランスな感じも強いと思います。

とりあえずあまり深く考えないで留守番をさせることもある、とした場合、狆はおとなしくできるかどうかというと、まず甘やかせてばかりいれば、それなりに粗相の可能性は高まります。

甘やかすと飼い主さんから離れられなくなり、それでも離れてしまうのは辛いことです。また逆にきちんとメリハリをもってしつけていれば、それなりに留守番は果たしてくれるはずです。

また、留守番をしている場所といえばサークルやケージになりますが、犬にとっては室内で自由に動けたほうがいいのではないか、と言う方もいますが、犬は狭い自分用の場所に閉じこもっているほうが実は気楽ですし、周りを気にしないでじっとしているほうが楽です。

つまりフリーにしてしまうと飼い主さんを探してしまうことにもなりがちです。暇な場合、疲れている場合でも寝ていることがほとんどですので、まずサークルでもハウスでも用意しておくことは肝心です。

長い時間1人でいるわけですから、狆におもちゃやおやつを与えておくことも大切です。1人でいる時も結構楽しい時間である、ということを覚えさせるためにも有効ですし、長時間おやつが食べられる、コングと遊べるのはやはり楽しいものです。

留守番をしても飼い主さんが必ず帰ってくると覚えさせるためには、短時間の留守番からしつけていくのが効果的です。

5分間でもいいですから1人にしてまたすぐに室内に戻ったり、買い物や銀行などの用を足すなど、徐々に伸ばしていくといつでも帰ってくることに慣れていくものです。

狆は基本とても大人しい犬ですので、吠えたりすることもなく、近所迷惑に発展しない分、留守番はさせやすいタイプと言えます。

ですがもし、あなたの飼っている狆がおとなしく留守番してくれないと困っているようであれば、当サイトでご紹介している遠藤和博先生のしつけ教材を一度試してみてください。

遠藤先生のしつけ教材をしっかりと学び、実践することが出来れば、今後は留守番で悩むことはなくなると思います。教材の詳細は下記より確認することが出来ますので、狆のしつけで悩んでいる方は、今すぐチェックしてみてください。