狆の下痢や嘔吐の原因を詳しく解説しています。

TOP > 関連ページ > 下痢や嘔吐の原因

狆のしつけ方専門ナビ

下痢や嘔吐の原因

狆の健康状態を把握することは飼い主の役目です。

狆が下痢をしている場合、まず子犬のうちは大きな病気が原因であることは稀です。

では何が原因として多いかというと、環境によるものです。狆を子犬で連れてきて、室内の環境に驚いたまま慣れず、下痢を引き起こすことはよくあります。

ブリーダーさんのようにレベルの高い飼育環境とは違い、普段何気なく生活していても、狆にとってはなかなか合わないような要素もあるものですから、出来るだけストレスにならないように環境を整備してあげることが大事です。

また下痢は寄生虫や先天的な病気もないことはありませんので、まず下痢をした場合、十分に休ませてあげることです。

大体半日程度は水分も少なめにし、その後、すっかりよくなるようであればストレス性のものと考えられますし、まだまだ食欲もなさそう、などという場合は獣医さんに相談するのがベストです。

狆は大人しい犬ですが、活発な面も持っています。いつも元気なところが今日は穏やかだな、などと思った場合もできるだけ早く調子を確かめてみることが大切です。

一緒に遊んであげることでもいいですし、それでも嫌がるようであれば、獣医さんに連れて行くのが肝心です。

また下痢と同じくらい多い症状が嘔吐ですが、嘔吐の場合は吐いたものを色で見分けるのがコツです。透明から白いものであれば胃酸が過多の状態で、空腹やストレスも影響していることが考えられます。

黄色い場合は胆汁、胃腸が動きが悪いことがあったり、赤い色であれば血が混じっていることが考えられます。黒い色になると出血から大分時間が経った状態で吐いていますので、かなり危険です。


狆が嘔吐する原因も色々と考えられますので、狆が嘔吐してしまった場合は、出来るだけ早く獣医さんに診せることです。

日常的に下痢も嘔吐も室内ですればわかりますが、散歩などでしてしまうと飼い主さんも気づかないことがありますので、やはり常におかしな行動をとっていないかをしっかり把握していくことが大事になってきます。