狆の飼い方を詳しく知りたい方はこちらのページへ。

飼い方について

狆は中国から渡ってきた犬で、日本に来てから長い間愛玩犬として飼われている犬種です。

飼いやすいことでも有名な狆は、ついつい甘やかしてしまいがちですので、過剰にならないように注意が必要です。

またスポーツや運動は苦手な犬種であり、室内でも運動量はうまくこなせると思いますが、
散歩はやはり社会性を延ばす意味でも大切です。

トリミングはその毛が豊富で伸びやすいようでいて、意外に伸びません。ですので、カットもあまり気を使う必要がなく、ブラッシングを定期的に心掛けて無駄と思ったらカットするようなパターンで問題はありません。

また狆で心配になるのが夏の暑さによる影響です。鼻が短い、つまり短頭種になりますので高温多湿には十分に気をつけておくこと、熱中症にかかる確率も他の犬種よりも高いです。

パグやフレンチブル等と同じで短頭種の場合はスカル、つまり頭蓋骨に比べマズル、口吻の長さが短く、鼻はつぶれ、顔のめり込んでいるような感じでとても特徴があります。臭覚も他のタイプより利かず、呼吸がしずらいために呼吸時も音がします。

また顔の特徴としてしわが多いため、蒸れやすくなってニオイや皮膚病にもなりやすいので、散歩帰りにも拭き取ってあげることや、歯並びの悪さから歯石が付きやすく、歯磨きは徹底してあげることも大切です。

留守番でも熱中症を予防するためには日陰を多くしておくこと、ハウスも風通しがよいところ、もちろんエアコンもしっかり温度と湿度が一定に保てるように調整しておくことです。

帰ってみたら狆がぐったりと横になっていた、などとなれば大変ですから、夏場はできるだけ狆を1人で放置しないように意識するようにしてください。

狆は愛玩犬タイプとしてはまず代表的な犬種であり、飼い主さんの手間数が少ないことから結構放置してしまいがちです。特に初心者の方はスキンシップも小まめにしたり、マイペースだなと感じることもあると思いますので、過度にかまってあげないことも大切です。