狆のお手入れ方法やシャンプーは定期的に行なうことが鉄則です。

TOP > 関連ページ > お手入れ方法とシャンプー

狆のしつけ方専門ナビ

お手入れ方法とシャンプー

狆のケアについて

狆のお手入れといえば、毛はあまり伸びないですし、抜け毛も少なく、シルクのような手触りも長持ちするなど、かなりケアとしては楽だ、という方が多い犬種です。

また毛といえば基本はブラッシングですが、やはりペットですから毎日行うのが基本です。

ブラッシングによって、毛玉ができている場合も対処できますし、ダニやノミを除去して衛生的な皮膚を保つためにも効果的です。異常な毛の抜け方がある場合もアレルギーが心配されますし、狆自体がブラッシングを嫌う、などという例は少ないようです。

他には爪もケアのポイントですが、爪はまず足の間にも生えている飾り毛が意外に邪魔になるものですので、毛から部分的にカットしてから爪切りに入るのがコツです。

またどんな犬でも肉球を触られるのはよい気持ちがしませんので、地面において切るなり、何か台の上において切ったほうが安全です。爪が見やすくなるように置いたら爪はできるだけ短めに、血管が通っているため深くすると痛みが出て嫌いになってしまったら大変です。

また狆の清潔の要といえばやはりシャンプーです。普段ブラッシングでもなかなか取れない頑固な汚れは、シャンプーで落す以外ありません。

シャンプーではまず毛玉がないかどうかを念入りにチェックし、あれば取り除いておくのがコツです。そのまま洗ってしまっても余計に絡まってしまいますし、せっかく狆をきれいにしたのにまた毛が残ってしまいます。

シャンプーの仕方としては、足元からだんだん頭のほうまでぬるま湯で濡らしていき、気温によっても調節しながら、適温で十分に肌まで浸透したら洗い、途中で肛門嚢も絞りますが、狆は個体によって溜まるものもそうでないものもあります。

ドライヤーは音がうるさいものは狆が怖がってしまい、嫌がる場合が多いですので、普段から安全なものだと分からせてあげることが必要かと思います。そうすれば毛を乾かす時も苦労しないと思います。