狆は病気やアレルギーにかかりやすい犬種です。

TOP > 関連ページ > 病気やアレルギー

狆のしつけ方専門ナビ

病気やアレルギー

狆は以外に脆いです。

狆はおだやかな性格ですが意外に活発で、遊び好きな面がありますので、運動は大事です。

短めで十分ですので散歩をしっかりして、室内でも色々な運動方法を工夫しながら狆と一緒に遊んであげると、病気になる可能性も低くくなります。

またもちろん食事の管理も徹底することが大事です。栄養バランスを考えたフードを与えたり、水分が多くなることにも要注意です。狆が肥満になると、寿命も一気に縮まってしまいますので要注意です。

狆がかかりやすい病気としては、目の病気として「白内障」があります。白内障では目が白く濁ってきたり、動作がぎこちなくなってきたりして、散歩などでもしっかり歩けなくなってしまいます。

もし、狆にこのような症状が出た場合、すぐにでも獣医さんに診せることが大切です。白内障の場合はなかなか完治が難しいですが、早い段階で治療を受けさせれば進行を食い止めることができます。

他には「結膜炎」や「角膜炎」なども起こしやすいので、目やにが多くなっていないかとか、涙が常に溢れているような場合は要注意です。

耳では垂れ耳に多い「外耳炎」をはじめ「中耳炎」、「耳疥癬」なども多く、まずは清潔に保つことが大切ですし、鼻では「鼻炎」や「ジステンバー」、「ケンネルコフ」と呼ばれる病気も考えられますので、鼻水が多すぎないか、また鼻がかわきすぎていないかも要注意です。

また犬全般に言えるのが、アレルギーの心配です。狆の場合も「アレルギー性皮膚炎」をはじめ「犬疥癬」にかかる可能性もあります。身体をいつも痒そうにしていたり、前足でひっかいたりしている場合、フケが多い場合や抜け毛がいつもより多くなってきた場合も要注意です。

アレルギーになって掻くとやはり赤くなってきます。抜け毛も出てきてしまい、どんどん掻くだけでそのまま毛が生えてこなくなったりもします。

アレルギーの治療はできるだけ早く、検査を受ければその原因もしっかり把握できるようになっていますので、まずは獣医さんに診せること、また治療が長引くようなケースでは複数の獣医さんを当たるようにしてください。