サイトマップです。

サイトマップ


狆の室内環境ついて

狆は室内犬として飼うのがベストです。つまり室外ではなかなか難しく、夏は暑いのが苦手ですし、冬も寒いと狆はまるで元気が無くなってしまいます。また室内でももちろんただ置いておけばいいというだけではなく、最適な温度をまず考える必要があります。

狆にとって、とくに子犬の時期は体温調整が難しく、徐々に呼吸を覚えながら体温を調整できるようになるものです。夏場は暑さ、冬は寒さに対してまずエアコンで調整すべきですし、室温は25度程度が基本です。

また10度以上差があるような場所に行き来したりするのも狆の健康によくありませんので、室内だけではなく廊下やキッチンなども温度差ができるだけ無いように調整することが大切です。

ハウスも温度がちょうどよい場所に置くこと、ハウスは狆にとって自分の場所といえる唯一の場所ですから、ハウスが居心地悪くて飼い主さんのいるところがよかった、という場合もアンバランスです。

また狆は冬場も苦手ですので、ヒーターなどもサークル用に用意したり、寝床にもヒーターを入れてあげるとかなり楽に寝れると思います。乾燥しやすい季節のため暖かくすることも湿度を与えることも大切です。

加湿器がやはり便利ですし、狆は短毛ですので肌の乾燥はできるだけ控えるようにして、風邪や下痢などの症状にも適切に反応していくことが大事です。狆は室内で何か不安があるところはなかなか近寄ろうとしませんので、細かく室内を対策していくことが大切です。

遠藤和博のたった2秒で
おりこうになるしつけ法